素肌美人と言われたい!-エステの知識サイト-

寝不足は美容、美肌の大敵!睡眠とお肌のおはなし

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
寝不足だと肌がカサついて化粧のりが悪かったり、吹き出物が出来てしまうこともあります。寝不足は美容、美肌の大敵と言われていますが、どうしてなのでしょうか?

肌は28日サイクルでターンオーバーを繰り返しています。表皮の下にある真皮という層で生まれた新しい細胞がドンドン表面に押し出され、新しい細胞は、角質となり最後に垢となり剥がれ落ちます。

このサイクルが正常に行われていると肌は健康な状態でいられます。この肌のターンオーバーに関係しているのが、成長ホルモンです。成長ホルモンが分泌されるのは、就寝中です。

しかも、ノンレム睡眠に一気に分泌されることがわかっていて、成長ホルモンが分泌される時間帯は、午後10時時〜AM2時の間だと言われています。この時間帯はシンデレラタイムと呼ばれ、この時間帯に寝ていることは美容にとても効果があると言われています。

人はセロトニンが多く分泌されるとよく眠れると言われています。子供の頃はセロトニンがたくさん分泌されていましたが、ストレスを感じるとセロトニンの分泌が悪くなったりするようです。寝つきが悪いと重い人は睡眠を促す物質が含まれているホットミルクを飲んだりするとよいでしょう。

新着コンテンツ